META GOD日本語サイト
META GOD日本語サイト

METAGOD(メタゴッド)の仮想通貨の「メタゴッドトークン」は、第二のマリオパーティーとも言われているGameFi銘柄として大注目されています。

META GODは、「play to earn」プロジェクトとして、仮想通貨史上の重要コンテンツになりつつあります。

そのためMetaGod(メタゴッド)の仮想通貨のMTGトークンは、将来的に爆益が期待できる仮想通貨トークンです。

ではなぜ、それほどまでに将来性が高いのでしょうか。

なぜなら、

メタゴッドトークンは、METAGODの運営収益の50%以上を配当として受け取れる、「不労所得トークン」としての性質

を持っているからです。

そしてMETA GODは、間違いなく世界的大流行を見せるであろうメタバースゲームです。

なぜならMETA GOD(メタゴッド)は

  • メタバース空間で行われるGameFiの要素を含んだ歴史史上人気No,1のモノポリーゲームである
  • NFTのキャラクターを育成する、「育成ゲーム」の要素
  • キャラクターのガチャがあり、やり込み要素がふんだんなゲーム性抜群のコンテンツ

の三つのやり込み要素を含んだ、最先端育成ガチャモノポリーゲームであるからです。

NFT・メタバース・GameFiの3つ要素を含んだ仮想通貨プロジェクトは、META GODが史上初です。

この記事ではMETA GODの仮想通貨のMTGトークンの将来性が高い理由と、プロジェクト内容の詳細をお伝えします。

METAGOD(メタゴッド)の仮想通貨であるMTGトークンの第二弾プレセールは、2022年2月21日 18時にスタートしました。

 

metagodトークン申し込み

2月28日 23:59まで絶賛販売中!

2022年3月にはBW.comという取引所に上場します。

そのためプレセールに参加することで、今年の春にはまとまった利益を得られます。

今回のチャンスを逃すことの無いよう、ぜひこの記事を最後までご覧下さい。

METAGOD日本語最速情報ライン

※最速情報をラインでゲットしてください。購入方法などの質問にもお答えします。

METAGODの仮想通貨トークンの価値が高騰する理由

MTG(METAGODの仮想通貨トークン)は爆発的に価格が上昇します。

プレセールの参加者は、1億円以上の資産構築を狙うことも十分に可能なトークンです。

いったいなぜ、MTGトークンはそれほどまでに将来性が高いのか、その根拠を以下の5つに分けてお伝えします。

  • METAGODのゲーム運営の収益の50%がトークンホルダーに分配される
  • MTGトークンはメタゴッドで使用するネイティブトークン
  • 今注目されているメタバース・NFT関連の銘柄である
  • 最初の2,222体のNFTはセール参加者のみ格安で買える
  • 過剰供給になっているトークンはバーンされる
中でも、運営のゲーム収益などが配当としてでるので、「不労収益トークン」としての性質を持つことが一番の売りです。

それではMTGトークンの価格が高騰する理由をさらに詳しく解説していきます。

MTG(メタゴッドトークン)はメタバースゲームのMETAGOD(メタゴッド)で使用するネイティブトークン

MTG(メタゴッドトークン)は、メタゴッドのプロジェクト内で利用されるネイティブトークンです。

METAGOD(メタゴッド)とは、メタバース空間内で「NFTアバター」を操作プレイすることで報酬を稼げる「play to earn」のゲームです。

現在、NFTゲームであるAxie Infinityが世界中で注目の的になっています。

2018年にリリースされたこのゲームは、プレイによりお金を稼げることから話題になり、世界中で多数のプレイヤーが存在しています。

中でも、東南アジアでの広まりが大きく、フィリピンではAxie infinityのプレイ報酬のみで生計を建てる人も現れました。

それに伴い、ネイティブトークンであるAxsは、わずか1~2年の間に価格が1000倍以上に暴騰しました。

そして、トークンホルダーからは多数の億万長者が誕生しています。

このようにNFTゲームの仮想通貨銘柄には大きな可能性があり、将来の価格上昇を期待できるのです。

そのためメタゴッドも、Axie initinityと同様、もしくはそれ以上に価格が高騰することが期待できます。

数年後にはトークン価格が数百倍~1000倍以上に暴騰するしても不思議ではありません。

METAGODの運営の収益の50%がMTGトークンホルダーに分配される

メタゴッドのトークンエコノミー

メタゴッドでは、ゲーム運営による収益の50%を、MTGトークンのホルダーに分配するシステムが備わっています。

具体的には以下のように様々な内容の報酬が、MTGトークンを所有しているだけで自動的に懐に入ってくることになります。

  1. 神アバターの販売収益の50%
  2. その他あらゆるNFT販売の利益の50%
  3. マーケットプレイス手数料の50%
  4. サイコロの販売利益の50%
  5. プレミアムSDK利用料の50%
  6. 広告費の50%

このように様々な収益が、運営とトークンホルダーの間で50%ずつ分配されるのです。

そのため、メタゴッドトークンのホルダーは仮にゲームをしなくとも、ステーキング報酬が配られ勝手にトークンの所有量が増えていきます。

流通するMTGトークンの量はプレイヤーの増加とともに増えていきます。

そのため、必然的にプレイヤーに配られるMTGトークン量も増加することになるのです。

つまりメタゴッドが流行れば流行るほどに、受け取れる不労所得が増えるため、トークンの需要がますます増えていきます。

このようにユーザーが増えるにつれ、トークン価格が上昇しやすくなる仕組みになっているのです。

METAGODは今注目されているメタバース・NFT関連の銘柄である

MTGトークンはメタバースやNFTの関連銘柄で、今仮想通貨やITの分野で世界中から注目を浴びています。

メタゴッドトークンがメタバースやNFTの関連銘柄である点は注目すべき点です。

メタバース関連のブロックチェーンプロジェクトには

  • Decentraland
  • Enjin Network
  • The Sandbox

などがありますが、どれも将来を有望視され、発行トークンはどれも高い時価総額を誇っています。

メタゴッドは

  • メタバース空間の完成度が非常に高い。
  • 話題になる要素がふんだんに盛り込まれている。

という特徴があります。

仮想通貨の業界で大きな話題になることは間違いありません。

そのため、トークンのセールやIEOには多くの資金が集まることとなるでしょう。

トークンの価値は常識では想定できないほどに高まる可能性があります。

最初の2,222体のNFTはセール参加者のみ格安で買える

メタゴッドに参加する際には、必ず神様アバターを用意する必要があります。

通常、神様アバターを購入するにはゲーム内トークンのgGEMでガチャを引く必要があります。

しかし、セール参加者のみメタゴッドトークンを利用し格安価格で購入できます。

これはホワイトリストに登録した人限定の特典で、最初の2,222体のみが対象となります。

そのため、セール参加者は通常とは異なる特別なルートで、神様アバターを割引価格で購入できるのです。

このことにより、ゲーム内容に興味を持っている人もトークンセールに参加する可能性があり、トークン価格が上昇する一因になるでしょう。

過剰供給になっているMTGトークンはバーンされる

過剰供給されているMTGトークンはバーン(消滅)される仕組みです。

メタゴッドでは会社が継続的に運営できるよう、トークンの取扱を柔軟に行うことになっています。

メタバース運営に現金が必要な場合には、所有しているトークンを売却することで運営資金を捻出し資金繰りの改善に努めます。

また、トークン供給量が過剰になっている場合には、運営によりトークンの買戻しを行ったうえでバーンします。

こういった仕組みで、運営の経済状況は常に健全に保たれるようになっています。

また、定期的なバーンされることにより供給量が減り希少価値が上がるため、トークン価格は上昇しやすくなるのです。

META GOD(メタゴッド)がメタバースゲームとして爆発的人気が出る理由

NFTゲーム関連のブロックチェーンプロジェクトは、ゲームそのものに人気が出なければ、トークン価格が上昇することはありません。

多くの人からゲームプレイされなければ、トークン需要が高まらず、言うまでも無く価値が高まることが無いからです。

そのため、人気が出るゲームを作ることは、ゲーミング関連プロジェクトの必須課題と言えます。

もちろん、メタゴッドはこの点をクリアしています。

メタゴッドがメタバースゲームとして爆発的な人気が出る理由は以下の通りです。

  • プライしやすくゲーム性が非常に高い
  • メタバース内で広告を出せる
  • キャラ育成やコイン収集などやり込み要素が多い
  • 無料体験で本格的なプレイするかどうかを決められる

一つずつ簡潔に説明するので、読んでいただけばメタゴッドの魅力がよく分かるでしょう。

メタゴッドはモノポリーとしてゲーム性が非常に高くおもしろい

METAGODの高いゲーム性

メタゴッドは、モノポリーに近いボードゲームを行いながら、お金を稼げるゲームです。

具体的には

  • 戦略ゲーム
  • ソーシャルゲーム
  • 育成ゲーム

の3つの要素を内包した、モノポリーゲームです。

「桃太郎電鉄」のようなイメージなので、遊んだことがある方ならイメージしやすいと思います。

サイコロを回すことで進むマス目が決まり、様々なゲームを行ったり、ボーナスやトークンをもらったりできます。

そのため、ランダムが高くサイコロを回すのが楽しみになる仕掛けになっています。

プレイすることでお金を稼げるだけではなく、ゲームそのものを楽しめるようになっているのです。

このように世界的に認知度が高く、シンプルな内容で楽しく遊べ、さらにプレイにより報酬を得られるのがメタゴッド。

気軽に楽しみながら、副業感覚でお金も稼げるため、必然的に世界中の人々から人気が出るようになるでしょう。

METAGODのGOGOVERSE内(メタバースゲーム)で企業が広告を出せる

METAGOD(メタゴッド)では、GOGOVERSE(ゴーゴーバース)のメタバース空間内に広告を出すことができます。

メタゴッドがリリースされた後には、世界中の人々からプレイされ、人気ゲームとなる可能性が高いでしょう。

その際には、メタバース空間内には常に多数のプレイヤーが存在する状況になるため、顧客獲得を狙うのにふさわしい場所になるのです。

そのため、商品の販促を狙う多数の企業が、メタバース空間内に広告を出稿するようになるでしょう。

こうして、一般ユーザーのみならず、法人の間でもメタゴッドは注目されるようになるのです。

企業が運営に支払った広告費の50%は、メタゴッドトークンのホルダーに分配されます。

そのため、広告出稿する企業が増えるほどトークンホルダーの不労所得は増えていきます。

広告への参入企業が増えるほどに、不労所得を求める人によりトークンが購入され価値が上がるという、好循環が生まれる可能性が高いのです

キャラ育成やコイン収集などやりこみ要素が多い

メタゴッドはプレイしながらお金を稼げるのが大きな魅力です。

しかし、それだけではなく、様々なやり込み要素が用意されています。

まず、神様アバターに他のNFTを合成することでレベルアップさせることができ、ゲームプレイによって2種類のトークンを集めることができます。

また、ゲーム中に得たトークンを使うとガチャを引くことができ、あらたなNFTを手に入れることができます。

NFTはゲームプレイの利用や、神様への合成によるレベルアップ、NFTマーケットで売却など、複数の使い道があります。

このようにキャラの育成やコイン収集など、様々なやり込み要素が多いため、一度プレイしたユーザーは繰り返しメタバース空間を訪れたくなるのです。

そのため、時間の経過と共にゲームプレイヤーの数は増え、トークンの流動性が高まり、価格は必然的に上昇しやすくなります。

無料体験で本格的なプレイをするかどうかを決められる

メタゴッドのプレイでお金を得るには、有料のアバターが必要になります。

トークンを購入しアバターを得ることがプレイスタートの条件になります。

しかし、いきなり自己資金を投資するのに抵抗がある人もいるでしょう。
まずは無料でゲームをプレイすることができます。

メタゴッドの空間を体験したうえで、本格的にプレイするかどうかを決められるのです。

もっとも、メタゴッドはゲームとしてのクオリティが非常に高いため、一度体験した人のほとんどが、お金を投資しプレイすることを選ぶでしょう。

そのため、無料での体験プレイが可能な点が、トークン需要の増加に繋がる可能性も高いと言えます。

ちなみに、もしもトークンをステーキングして、本格的なプレイを開始する場合には、2000トークン(50ドル程度)を購入し神様アバターにステーキングする必要があります。

MetaGod(メタゴッド)のプロジェクト詳細と特徴

MetaGod(メタゴッド)には、以下のような特徴があります。

  • モノポリーにインスパイアされたゲームである
  • 9種類の神様アバターには3種類のレア度が存在する
  • DAOなのでコミュニティがゲームの未来を決める
  • トリプルトークンモデルの独特なエコシステム
  • 広大なマップで多種多様なゲームを楽しめる

これらについても、一つずつ簡単に紹介します。

モノポリーにインスパイアされたゲームである

METAGODのモノポリーとしてのゲームイメージ

MetaGod(メタゴッド)は、モノポリーをヒントに作られた、メタバース空間内で行われるボードゲームです。

モノポリーを知らない場合には、桃太郎電鉄や人生ゲームのような、ボードゲームを想像していただければ大丈夫です。

プレイの際には、サイコロを振ることで進めるマス目が決まり、そこに書いてある内容により行動が決まります。

こういったボードゲームは、世界中で広くプレイされています。

そのため、国内外を問わず多くの人に取って馴染みがありとっつきやすい内容と言えます。

サイコロを振ることができる回数は1日10回。

そして1回サイコロを振り、出たマス目の内容をこなすのに掛かる時間は3分程度です。

1日30分程度の短いプレイ時間でもお金を稼げるようになっています。

すきま時間で暇つぶしをかねて遊べます。

世界中で多くの人に馴染みがあるボードゲームがモチーフのため、あらためてルールを覚える必要が無く、気軽かつ短時間で気軽に楽しめるのがメタゴッドの特徴になっています。

9種類の神様アバターには3種類のレア度が存在する

メタゴットでは、アバターとして9種類の神が存在します。

神様アバターは以下の9種類で、西洋・東洋様々な地域の神様がモデルになっています。

中国神话 – 二郎神 Erlang Shen 道教の治水の神、武神
日本神话 – 须佐之男命 Susano すさのお 古事記、日本書紀に登場する日本神話
北欧神话 – 索尔Thor 雷の神 トール 北欧神話の主神。雷の神神々と人間を守るアース神族の主神
希腊神话 – 雅典娜 Athena アテナを表す、主にギリシャ神話に登場する女神
埃及神话 – 法拉 Ra ファラ 古代エジプトの君主の称号〈君主号〉。神権皇帝
印度神话 – 梵天Brahma インド 創造の神 インド神話、ヒンドゥー教の創造神のブラフマー
罗马神话 – 维纳斯 Venus ビーナス ローマ神話の愛と美の女神。日本語では英語読み「ヴィーナス」と呼ばれることが多い。
基督神话 – 米迦勒 Michael 大天使ミカエル カトリック教会における大天使の一人。
克鲁斯神话 – 克苏鲁Cthulhu クトゥルフ クトゥルフとは、クトゥルフ神話などに登場する架空の神性、あるいは宇宙生物である。

それぞれの神様は以下の6種類のレア度があります。

ゲーム内に存在する3種類のガチャのうちどれを引くかにより、以下のように引ける神様のレア度が変わります。

レア度 レベルアップ 入手方法 ガチャの価格
コモン 不可 モータルドッゴパック モータルゴッドパック

10-20ドル程度のガチャ)

アンコモン モータルゴッドパック
レア デミゴッドパック デミゴッドパック
(30-50ドル程度のガチャ)
エピック 可能 デミゴッドパック
ミスティック マイティーゴッドパック マイティーゴッドパック
(80〜100ドル程度のガチャ)
レジェンド マイティーゴッドパック

これらの6種類のレア度の神様アバターのうち、レア度の高い神様はレベルアップが可能です。

レベルアップは、他の神様NFTを合成とトークンのステーキングをすることで可能となります。

レベルアップに利用されるNFTはバーンされ、トークンはロックされます。>

そのため、ゲームを辞める際にはNFTは戻ってきませんが、トークンは返却され現金化することも可能です。

神様のレベルが上がるほどに、ゲームプレイによって得られる報酬が増えるシステムになっています。

レベルは1~20まで存在し、報酬倍率は最大で2.9倍になり、同じ時間・労力で3倍近い報酬を稼げるようになります。

この仕組みが存在することでNFTが売却され価値が下がることを防ぐことがきます。

さらには、神様を育てるというやり込みの要素としても機能します。

また、レア度が高い神様のレベルを上げると同じプレイ時間で稼げる金額が増えていくようになっています。

そのため、レベル上げに夢中になるプレイヤーは少なくないでしょう。

神様のレベル上げのためにトークンを購入する人も出てくるため、トークン価格が高騰する一因になります。

DAOなのでコミュニティがゲームの未来を決める

メタゴッドはスタート時には運営によって管理されますが、徐々にDAO(分散型自立組織)に移行していきます。

DAOとは中央管理者がいない組織のことを指し、ユーザー自身によって管理・運営されます。

そのため、運営がDAOとなった後には、新しいゲームの導入などの際にはトークンホルダーの投票により、最終決定がされます。

つまり、トークンを保有することで、コミュニティの未来を決定する投票に参加する権利を持てるということです。

投票権はおそらく一人一票ではなく、トークンの所有量に応じて所有する票数が多くなるものと思われます。

そのため、メタゴッドのファンの中には、自分の意見をゲーム内容に反映させるために、トークンを購入をする人も出てくるかもしれません。

また、2022年現在DAOは新しい組織形態として話題になっており、DAO関連の銘柄の価格は上昇しやすくなっています。

したがって、メタゴッドが分散型組織形態を取り入れていること自体が、トークンの価格上昇に繋がる可能性もあるでしょう。

トリプルトークンモデルの独特なエコシステム

metagodのトリプルトークンモデル

メタゴッドには3種類のトークンが存在する独特なエコシステムが出来上がっています。

それぞれのトークンの名称や獲得方法、使用方法は以下のようになっています。

トークン名 獲得方法 使用方法
MTG(メタゴットトークン)
  • プライベートセール、プレセール
  • 取引所で購入(BNBとのみ交換可)
  • ステーキング報酬
  • ゲームスタート時の神アバター購入
  • アバターにステーキングでplay to earnモードに
  • ステーキング
  • 投票権
gGOLDトークン
  • ゲームプレイで稼ぐ
  • 取引所での取引(MTGとのみ交換可能、BNBとのスワップは不可)
  • NFTマーケットプレイスでNFT資産を購入できる
  • サイコロを追加購入
  • 広告サービス購入
gGEMトークン
  • ゲーム内で稼ぐ
  • NFTのガチャを引く

(マーケットプレイスでNFTを売れば、gGOLDが手に入る)

これらの3種類です。

MTGとgGOLDトークンはゲームスタート時には同じ数量が存在し、ゲーム開始後にトークンの流通が起こると数量に差が生まれます。

これらのトークンは全てバイナンススマートチェーンで作られており、処理速度が高速です。

そのため、ゲーム内のトークンのやり取りに時間がかかり、ストレスになることは考えにくいでしょう。

ちなみに3種類のトークンの中で、ゲームのプレイにより入手できるのは、gGOLDトークンとgGEMトークンの2種類。

ゲームのクリア報酬などで、同数のGOLDトークンとgGEMトークンを受取可能です。

トークンが3種類存在することには意味があり、以下のような効果を狙っています。

  • トークンの売却により価値が下がるのを防ぐ
  • ゲームの報酬として複数種類のトークンがもえ、ゲームプレイヤーのモチベーションが上がる
  • トークンの役割が違うことで戦略性が生まれる

このように、トークンが3種類存在することによりトークンの価値を保つとともに、ゲームプレイヤーが再びゲームをやりたくなる仕掛けとしても機能しているのです。

広大なマップで多種多様なゲームを楽しめる

メタゴッドのメタバース空間はスタート時にはこじんまりとしたものですが、時間の経過と共に広大なものになっていきます。

果てしなく広がるマップの中で、サイコロを回しボードゲームをすることになります。

止まったエリアには以下のようなものがあり、様々な活動を行えます。

多人数オンラインゲーム
  • 複数のプレイヤーで行うゲーム
  • 最短3分程度から行える
PvPゲーム
  • プレイヤーどうしで戦うゲーム
ストラテジーゲーム
  • チーム戦で戦うゲーム
プレゼント
  • ルーレットを回し、当たった金額のコインがもらえる
  • その日使えるサイコロの数が減るなど(トークンが減るなどの所有資産が減ることはない)

このように、ゲーム内のマス目には様々な内容が用意されており、飽きることなくゲームを楽しめるように作られています。

ゲームは全部で9種類程度が存在し、色々なゲームから選択可能です。

色々な遊び方ができることから繰り返しゲームプレイできるようになっているため、長期間にわたりプレイし続けるプレイヤーも多くなることでしょう。

metagodトークン申し込み

 

MetaGod(メタゴッド)トークンのプレセール日程や上場する取引所

MetaGod(メタゴッド)ではすでに、ロードマップや、トークンのプレセールやIEOの日程、上場する取引所が決定しています。

ここではロードマップや、セールやIEOの情報、上場する取引所について解説します。

METAGODのホワイトペーパー

METAGODのホワイトペーパーは、こちらからチェックできます。

本サイトで詳しく情報は書いていますので、軽くチェックする程度で大丈夫です。

MetaGod/MTGのロードマップ

メタゴッド(MetaGod)とメタゴットトークン(MTG)のゲーム公開までのロードマップは以下のようになっています。

2021年12月
  • 構想
  • NFTアート創造
  • GOGOVERSEレイアウトデザイン
2022年1月
  • コミュニティの成長
  • 基本的なウェブサイトの立ち上げ
  • シークレットセール
2022年2月
  • 公式サイトのリリース
  • プライベートセール
  • プレセール
2022年3月
  • DEXにトークン登録
  • ステーキング
2022年4月
  • 神NFT販売
  • NFTマーケットプレイス
  • NFTバーンメカニズム
  • GOGOVERSEリリース
  • GODレベルのNFTバーンメカニズム
  • NFTステーキングで報酬倍数をロック解除
  • ミニゲーム公開

ロードマップはこのようになっており、2022年4月にはゲームが公開されます。

最初はミニゲームは3種類でスタートする予定ですが、徐々に追加され種類が増えていく見込みです。

こういったプランになっているため、2022年4月にはゲームが話題になりトークン価格が急上昇する可能性もあります。

プライベートセールの参加者は、早ければ2022年4月にはまとまった利益を得ることになりそうです。

プレセールやIEOの日程

メタゴットトークンのプレセールやIEO情報は以下のようになっています。

日程 イベント 価格
2/10 18:00〜2/18 23:59 プレセール1
(ハードキャップ:120.000,000MTG)
0.04ドル(50%ロックアップあり。ゲーム開始後1年で段階的に解除)
2/21 18:00〜2/28 23:59 プレセール2
(ハードキャップ:.60,000,000MTG)
0.05ドル
(30%ロックアップあり。ゲーム開始後1年で段階的に解除)
3月頭 BW.comでIEO開催 0.05~0.06ドル程度
3月頭 BW.comに上場 0.06ドル程度
3月中旬 Pan cake swapに上場 不明

プレセール~取引所上場のスケジュールはこのようになっています。

このように3月頭にBW.comにてIEOが行われた後、間もなく同じ取引所で上場することが決まっています。

BW.comは、Coinmarketcapにも情報が載っている取引所で、24時間の取引高ランキングで200位程度に位置しています。

世界中には無数に取引所が存在し、そのほとんどはCoinmarketcapにその情報が掲載されていません。

そんな中、BW.comは

  • Coinmarketcapで取引量などの情報が公開されいる
  • ランキングでも300位以内に入っている

ため信頼のおける取引所と言えます。

また、IEO終了後すぐに、同じ取引所に上場することが決まっています。

上場価格はプレセールやIEOでの販売価格よりも高額になるため、購入したトークンは確実に現金化できるのはもちろん、セール参加者が損失を出さない工夫がなされているのです。

ちなみに、上場前に何度か存在するトークン購入の機会の中で、最も安く手に入るのは、2/10 18:00にスタートするプライベートセール1です。

そのため、トークンを購入するのであれば、この機会に購入するのが最も賢い選択肢となります。

さらに、2回行われるプライベートセールには、それぞれハードキャップが定められています。

枠が埋まった時点でセールは終了となります。

そのため、セールスタート時には世界中の投資家達から一斉に申し込みが入ることが予想され、一瞬で枠が埋まる可能性も高いです。

そのため、確実にセールに参加するには購入に必要な仮想通貨を送金できるよう、事前に準備しておくことをオススメします。

MetaGod(メタゴッド)MTGトークンの運営者情報

発行会社の情報は以下のようになっています。

企業 イギリスの会社
CEO 会社CEOがイギリス人
住所 100 Bishopsgate, London EC2M 1GT, UK

meatgod

このように会社名や住所が公開されていることには、好感が持てます。

MTGトークンの(メタゴッドトークン)の購入方法

MTGトークン(メタゴッドトークン)を購入する場合には、公式サイトにアクセスし、アドレスを打ち込み「送金」のボタンを押します。

すると、後日ウォレットにトークンが送られてきます。

利用するトークンは以下の3パターンを利用できます。

①ERC20 ETH
②ERC20 USDT
③BSC BNB

この中で最もオススメなのは、ガス代の安い③のBNBでの支払いです。

具体的には、以下の手順になります。

①メタマスクなどのBNBに対応したウォレットを用意します。

②専用の招待リンクをブラウザに貼り付け、公式サイトにアクセスします。

②公式サイトにアクセスし「購入」ボタンを押すと、購入ページにジャンプできます。

③「BNBで購入する」ボタンを押し「ウォレットと接続する」を押します。

④購入希望数量を入力し「購入する」を押します。

以上で購入は終了です。

プライベートセール1では50%のトークンがロックされるため、購入したトークンの50%を受取可能です。残りの50%は、1年の時間かけ徐々に公式ページ上で配布されます。

プライベートセール2の場合は30%がロックされるため、70%をすぐに受け取れます。残りの30%は、1年以内に配られる仕組みになっています。

特に理由が無ければBNBを送金すると良いでしょう。

ちなみに、プライベートセール1の最小購入金額は1,000ドルで、買い増しをする場合も同様に1,000ドルからです。

そのため、最低でも1,000ドル分以上のBNBを用意しましょう。

メタゴッドには大きな可能性があるため、大きめの金額を投資した方が、より多くのリターンを見込めます。

セールには購入上限金額が無いため、無理の無い範囲で、可能な限り大きな金額での投資を行うと良いでしょう。

できれば、最低でも2,000ドル以上でセールに参加するのがオススメです。

METAGOD(メタゴッド)のQ&A

ここではMETAGOD(メタゴッド)やセールに関し、生じる可能性の高い疑問にお答えします。

1か月にどのくらいの金額を稼げますか?

神様アバターのレベルによって、稼げる金額は変わってきます。

仮に毎日サイコロを振る回数を10回とした場合、神様レベルが1であれば150ドル~250ドル程度、神様レベルが最大であれば450ドル~750ドル程度稼げるでしょう。

また、メタゴッドでは複数アカウントを作ることが禁止されていません。

そのため、アカウントの複数運用をすればより大きな金額を得ることも可能です。

さらに、メタゴッドのエコシステムでは、運営の収益の多くがトークンホルダーに分配されます。

収入はゲームプレイの報酬以外に、運営からの不労所得も存在します。

この不労所得は、ユーザー数の増加共に多くなります。

そのため、将来的には少なくとも毎月10万円~20万円程度は稼げることが予測できます。

収入を得るには1日あたりどのくらいの時間が必要?

サイコロを回し止まったマス目のイベントを一度こなすのに、掛かる時間は3分程度です。

そのため、1日のマックス回数である10回サイコロを振ると仮定すると、1日30分程度でゲームが終了し、お金を稼げます。

ちなみに、止まったマス目によっては、複数プレイヤーどうしの対戦ゲームが出ることもあります。

この場合でも3分程度でゲームが終了可能です。

MTGトークンセールの際に、他の取引所から仮想通貨を送金しても問題ないですか?

国内外の取引所からETGやBNBを送り、メタマスクでメタゴットトークンを受け取ることも可能です。

しかし、推奨はウォレットからの送付なので、取引所からの送金をオススメはできません。

ロックアップはいつ解除されるのでしょうか?

プライベートセール1では50%、プライベートセール2では30%のトークンがロックアップされます。

ゲームがスタートしてからロックが解除され、1年間の間、365で割った数量のトークンが毎日配布されます。

トークンはメタゴッドの公式サイト上に配布され、好きなタイミングでウォレットに引き出すことができます。

頻繁に引き出しするとガス代が高くなるため、ある程度トークンが貯まったら引き出すようにするといいでしょう。

METAGODのゲーム中、止まるマス目によっては所有トークンが減ることはありますか?

サイコロを振って止まったマス目によっては、プレイヤーにとってマイナスなことが起こる可能性もあります。

しかし、その内容は「その日に振れるサイコロの個数が減少する」などのソフトなもの。

所有しているトークンの量が減ったり、報酬が没収されたりするといった、資産状況に悪影響を与えることはありません。

MTGを購入する時の手数料はありますか?

運営は手数料なしです。

購入用のトークンによって、手数料が変わります。

ETHだと0.03ETH、BNBだと0.003BNB、USDTは15ドル前後プラスETHの分です。

前後あると思いますので、ご参考までです。

購入枚数の件で質問ですが、購入する数量とはMTGの購入枚数を入力なのか、購入通貨の枚数の入力なのかどちらでしょうか?

購入数量はMTGの数量です。購入用通貨ではないです。

売り切れた後に多少誤差で送金してしまった人は返金される形で良かったですか?

システムで数値確認しっかりしているので、購入上限に達し次第、サイト上で購入不可になります。

ホワイトペーパーの収入源に記載のある基金というのはMTGトークンのステーキング配当に回るということでしょうか?

その通りです。

75000MGTトークンと数量を打ち込んで購入に進みましたが、足りない場合はトランザクションが成立しないのかそれか足りてない分は省かれてトランザクションが成立するのかどっちですか?

購入する時、必ず事前にガス代を予定して、準備してください。
足りないと購入できないです。

アカウントを複数作れるとのことですが、1つのウォレットにつき、1つのアカウントなのでしょうか?

メタゴットのアカウントは確認メールが必要です。複数のメールアドレス有れば問題ないです。
ご自分のパスワードなどちゃんと管理できれば、家族の方に遊ばせても大丈夫です。

プライベートセール①と②を合わせまして、780万ドル分MTGが販売されますが、NFTの先行販売は2222体のみ。プライベートセールには参加してもNFTを買えなかった方は、gGOLDにスワップしてマーケットプレイスに並ぶのを待つという事で合ってますでしょうか?

プライベートセールのお客様は優先権ありますが、それでも購入出来なかったお客様は、NFTマーケットで購入するしかないです。

購入するには g goldが必要です。

取引所で購入するかゲームやって稼ぐかしていただければと思います。

NFTの購入はプライベートセール参加者のみになりますでしょうか?

プライベートセールのお客様に優先権を差し上げています。

metagodトークン申し込み

 

※こちらの購入ページが、プレセールの時間になったら販売サイトに切り替わります。

METAGOD最速情報ライン